Difference between revisions of "Gentoo Linux/ja"

From Funtoo
Jump to: navigation, search
(Created page with "Gentoo Linux")
 
(Created page with "[http://docs.funtoo.org/wiki/Make.conf Make.conf] が Portage の基本的な設定ファイルで、多くの変数を定義します。よく知られているものでは...")
 
(One intermediate revision by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
 
<languages/>
 
<languages/>
Gentoo Linux is a source-based Linux distribution created by Daniel Robbins. It uses Portage as official package management system which original design was based on FreeBSD's ports. The main portage's utility is called [http://docs.funtoo.org/wiki/Emerge Emerge] that is written in Python and can be used to install/uninstall packages.
+
Gentoo Linux は、(バイナリパッケージではなく)ソースコードから構築する Linux ディストリビューションで、 Daniel Robbins が創りました。Gentoo Linux の公式なパッケージ管理システムはPortage で、もともとの設計仕様は FreeBSD ports システムを参考にしています。 Portage の主要なユーティリティは  [http://docs.funtoo.org/wiki/Emerge Emerge] で、 Python で書かれており、パッケージのインストールやアンインストールに用います。
  
[http://docs.funtoo.org/wiki/Make.conf Make.conf] is Portage main configuration's file, because it contains many variables. For example, the best known : CFLAGS,CHOST,CXXFLAGS,USE, INPUT_DEVICES, VIDEO_CARDS,LINGUAS,GENTOO_MIRRORS.There are also many optional's variables like PORTDIR_OVERLAY.
+
[http://docs.funtoo.org/wiki/Make.conf Make.conf] Portage の基本的な設定ファイルで、多くの変数を定義します。よく知られているものでは例えば、 CFLAGS,CHOST,CXXFLAGS,USE, INPUT_DEVICES, VIDEO_CARDS,LINGUAS,GENTOO_MIRRORS があります。また、 PORTDIR_OVERLAY のように任意で追加可能な変数も多くあります。この Linux ディストリビューションでは、システムの向上やLinux の学習のために、ソースコードをユーザーが手元で、指定した設定に基づきコンパイルします。
In this Linux distribution, the user compiles the source code locally according to their chosen configuration in order to improve their system and also to learn more about Linux.
 

Latest revision as of 01:59, August 31, 2015

Other languages:
English • ‎español • ‎日本語 • ‎português do Brasil • ‎Türkçe

Gentoo Linux は、(バイナリパッケージではなく)ソースコードから構築する Linux ディストリビューションで、 Daniel Robbins が創りました。Gentoo Linux の公式なパッケージ管理システムはPortage で、もともとの設計仕様は FreeBSD の ports システムを参考にしています。 Portage の主要なユーティリティは Emerge で、 Python で書かれており、パッケージのインストールやアンインストールに用います。

Make.conf が Portage の基本的な設定ファイルで、多くの変数を定義します。よく知られているものでは例えば、 CFLAGS,CHOST,CXXFLAGS,USE, INPUT_DEVICES, VIDEO_CARDS,LINGUAS,GENTOO_MIRRORS があります。また、 PORTDIR_OVERLAY のように任意で追加可能な変数も多くあります。この Linux ディストリビューションでは、システムの向上やLinux の学習のために、ソースコードをユーザーが手元で、指定した設定に基づきコンパイルします。